失敗したくない人必見【不動産投資は今後を見据えて行なおう】

積み木

安定賃料が基本

男性

入居率と無関係な経営

投資として賃貸マンションを経営する場合にサブリースを利用するケースが増加しています。大手の不動産会社に一括で賃貸して、その不動産会社が入居者に転貸する形態になります。賃貸マンションの所有者は、サブリースをしている不動産会社との間で賃貸借契約を締結しますので、実際の入居率とは無関係に安定した賃料を得ることができます。また、入居者との契約関係は不動産会社に一任できますので、入退去に伴う手続きも不要になります。満室の場合にはサブリースを利用しない方が賃料収入は多くなりますが、それは結果論であって、賃料収入の安定性や契約管理の手間を考慮するとサブリースには大きなメリットがあると言えます。サブリースの利用は増加しています。

借入がある場合に最適

投資の一環として賃貸マンションを保有して、その投資資金の全部または一部を借入金で賄っている場合には、サブリースは極めて有効です。賃料収入で借入金の返済をしなければなりませんので、安定した賃料が入ることが重要になります。融資する銀行もサブリースを前提に審査をすることもあります。自己資金による投資であれば、入居率が低下したり賃料水準が低下したりしても、投資利回りが低下するだけのことですが、借入金で投資している場合には返済に影響が出ます。サブリースをする不動産会社は大手で信頼できる会社にしなければ意味がありません。その会社に賃料を支払う能力がなくなってしまってはサブリースの意味がなくなってしまいますので、慎重に不動産会社を選定したいものです。